往来物手習い

むかし寺子屋では師匠が書簡などを元に往来物とよばれる教科書をつくっていました。
寺子屋塾&プロジェクト・井上淳之典の日常と学びのプロセスを坦々と綴ります。





祝 iPhone 10周年!

iPhone3G

 

10年前の今日、つまり2007年6月29日は、アメリカでApple社の 初代のiPhoneが発売された日でした。

よって、今日がiPhone 10歳の誕生日ということになります。
 

当時、日本ではiPhoneが使える電話会社がなく、日本でiPhoneを使うためには翌年まで待たねばならなかったのですが。
10年前のわたしは、ウィルコムのPHSスマホES(エス)瓩鮖箸辰討い泙靴拭
 
ウィルコム・ES

10年前にはまだまだ実験段階に近かったスマホを敢えて使ってみようと思い立った理由は、自分の身体が携帯の電磁波に弱くてPHSに関心をもったことでした。
 
スライドさせるとちっちゃなキーボードが現れるこのESも、なかなかスタイリッシュでしょう?
 
ただ、やはりOSがwindowsなので、Macbookとのインターフェースがシームレスでなく、アドレス帳を移行するだけでも大変な手間だったことをおもいだします。
 
日本版のiPhoneが発売された2008年の時点で、Appleファンの私でも正直iPhoneを使うことに対しては不安な点が少なくなかったので、本当はこのESをしばらく使い続けるつもりでいたのですが、たまたま故障してしまい、その修理に1万円近くかかることがわかって、それならばと初代のiPhoneに乗り換える決心がついたのでした。
 
その当時は、わたしのまわりでiPhoneを使っている人はほとんど見かけませんでしたし、わたしのiPhoneを見るたびに、「アラ!珍しいものをもっていますね〜」と言われたものでした。
 
初代のiPhoneには予想通りいろいろ難点はあって、とくに内臓カメラがひどくて実用に耐えるシロモノでなく、カメラを使いたいときには、デジカメを別に用意していたことをおもいだします。
 
いま使っているiPhoneSEを見るにつけ、やっぱりこの10年という年月の積み重ねは大きいですね。
そう・・・10年なんです。
 
前にもこちらの記事でご紹介したんですが、吉本さんの『ひとり 15歳の寺子屋』に書かれていた、「10年やり続けられたらどんなことでもモノになる」という話もおもいだしました。
 

ロイターの「iPhoneが発売10周年、忘れ去られた苦難の船出」と題された記事を見つけたので、備忘録として原文を貼り付けておきます。
 

iPhoneのこの10年間を詳細にふり返ってみたいというご奇特なお方は、ギズモードジャパン「今日でiPhoneは10歳になりました。ギズモード・ジャパンとiPhone、10年分の思い出」もどうぞ!笑
 

 

 

 

[28日 ロイター] - 29日に発売10周年を迎える米アップル(AAPL.O)の「iPhone(アイフォーン)」は、スマートフォン革命の幕開けにおいて極めて大きく貢献した。
 

この10年間の累計販売台数は10億台を突破し、今秋発表予定の新モデルも機能やデザインが関心を集めている。しかし黎明期の苦戦ぶりは意外と人々の記憶から抜け落ちている。

 

2007年の発売当初のアイフォーンは、アプリケーションのダウンロードサービス「アップストア」が整っておらず、使える通信回線がAT&T(T.N)の通信網に限られるなど、現在のモデルに比べて使い勝手が悪かった。当初の販売が振るわなかったため、アップルはこの年の年末商戦では値下げによる販売のてこ入れを図ったほどだ。アイフォーン開発チームに在籍していたトニー・ファデル氏は28日、ロイターのインタビューで、「アイフォーンの発売1年目のビジネスモデルは散々だった。2年目になってそのことが分かった」と話した。当時アップルを率いていたスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)は、既にタブレット端末「iPad(アイパッド)」を世に送り出し、旧来のコンピューターの領域を乗り越えていたが、それでも今から10年前にはアイフォーンのコンセプトはアップルの部品サプライヤーの一部にすら驚きだった。初期型アイフォーンに位置情報技術を提供していたスカイフックのデービッド・ベアストウ氏は「ジョブズ氏が当社のCEO兼創設者に宛てたボイスメールがまだ保存されている。当社のCEOは社内のだれかが自分を担ごうとしたのだと思ってしまい、ジョブズ氏に返事をしたのは2日後だった」と述べた。

 

アイフォーンは、アップストアが導入された2008年になって売れ行きが増大した。アイフォーンの利用者はアップストアを通じてアプリケーションソフトをダウンロードし、アップルは売上高を開発者と分け合う。立ち上げから10年が経ち、こうしたサービス収入はアップルにとって重要な成長分野となり、昨年は243億ドルに達した。

 

アイフォーンの10周年モデルとなる次の「8」は、新たな世代をアップルに向かわせるのに十分な新機能を備えるのかどうかが関心の的になっている。バーンスタイン・リサーチのアナリストによると、アイフォーン8には三次元マッピングンセンサー、拡張現実(AR)アプリ、有機LEDディスプレーなどが搭載される可能性がある。アイフォーンが登場した10年前、市場を席巻していたのはブラックベリーやマイクロソフトの製品だった。今はグーグルの基本ソフト(OS)アンドロイドを搭載した端末が主なライバルだ。世界のスマホ市場ではアンドロイド搭載端末が幅を利かせているが、それでもアップルは依然、高価格機種で利益の大半を稼いでいる。イーマーケッターのデータによると、世界のスマホ利用者数は20億人を超えた。アイフォーン開発に携わった経験を持つファデル氏は、この点からアップルとアルファベットの成功は疑いないとみている。ファデル氏は「コンピューターとコミュニケーションの世界的な普及が可能になるとはまったく驚きだ。ジョブズ氏がアップルIIやマッキントッシュでやろうとしたのはまさにこのことだったから、嬉しく思っている。ここまで来るのに30年かかった」と述べた。

posted by Akinosuke Inoue 23:57comments(0)trackbacks(0)pookmark





MagSafe to MagSafe2 アダプタのこと

今日は久しぶりのMacネタです。
 

MacBookが2012年にフルモデルチェンジした際、
ACアダプターと本体の接続インターフェースが変わり、
それまでのMagSafeコネクター(次の写真右側)よりも
縦幅が若干狭く横幅が若干広いMagSafe 2コネクター(左側)となりました。
 
magsafe-magsafe2.jpg
それで、そのとき、ずっと前からMacを使っている人間としては、
旧モデルのACアダプターが新しいマシンでは使えなくなるので、
そういうことで出費が嵩むのは
勘弁して欲しいなぁとおもったんですが、
MagSafeコネクターをMagSafe2のMacbookでも使えるようにできる
アダプターがあるってことを知って、ホッと胸をなで下ろしたのでした。
 
モデルチェンジをしてもう5年近く経っているので、
最近MacBookを使い始めた人はまだしも、
わたしのように長期にわたってMacBookを使っているような人であれば
たぶんすでに知っているネタでしょうが、
ニッチな部分で、もしかしたら見逃している人もおもったので、
念のために書きとめておこうとおもいます。
 
これがアップル純正のMagSafe-MagSafe2コンバータ(MD504ZM/A)で、
1200円+消費税で買えます。
 
MagSafe-MagSafe2 converter_package.jpg

こんなふうにつなげて使います。
磁石でくっつくので、接続は簡単!
 
2017-05-14 14.34.20.jpg

MacBookのACアダプターは結構壊れやすく、
過去にも何度も修理に出したり、買い直したりしたことがあったので、
こういうアダプターがあると、ちょっと助かりますね。

ネットで検索してみると、このような記事もヒット!
まあ、やっぱり考えることは同じようで。(^^)/
posted by Akinosuke Inoue 23:30comments(0)trackbacks(0)pookmark





twitterの過去ログ蓄積サイト

twitterをはじめてみてすぐの頃にふと思ったのは、「過去ログはどこまで保存されるんだろう?」ということでした。

たぶん、∞(無限大)に保存されることはあり得ないので、ある一定量を超えれば、古いデーターから消されていくんでしょうが、それならば、過去ログを保存するサービスも、きっとどこかにあるんじゃないか・・・って思って検索してみたところ、やっぱりありました、ありました。

twitterの過去log保存ということで、その名もtwilog「ツイログ」。

わかりやすいですね〜

ちなみに、私のtwilogはこちらです。

つぶやきの並び順を時系列に「新→古」「古→新」と両方向に変えられることや、発信日のリスト、コンタクトのある人のIDリスト、ハッシュタグリスト、検索機能などもあって、なかなか使い勝手が良さそうです。
posted by Akinosuke Inoue 22:21comments(0)trackbacks(0)pookmark





スカイプで初打合せ

今日は、午前中に岐阜の恵那にすんでいる人とある事業の打合せをするのにskypeを使ってみました。

愛知・岐阜・三重の三県をエリアにして活動しているNPO法人地域の未来・志援センターが主体となって行っている事業で、事務局が名古屋にあるので、いままでは名古屋の上前津にある事務所に集まって行うことが多かったのですが、片道1時間以上かけて出かける時間がもったいないということで、「skypeでやってみましょうか」ということになったのです。

ブレーンストーミング的な要素の強い会議のときは、難しい部分もあるように思うのですが、それでもWebカメラを付け、ディスプレイで画面で相手の表情なども確認しながら話していると、相手の人がすぐそばにいるような臨場感があり、快適に打合せを進めることができました。

いま私が使っているノートパソコンのMacBookにはマイクとスピーカーだけでなく、高性能のカメラがディスプレイの上部に内蔵されているので、カメラやヘッドセットを持ち歩かなくても、いつでもどこでもインターネットの環境さえあれば、スカイプ会議が可能です。

私のスカイプIDはterakoyamanです。

スカイプが使える方は、コンタクトのリクエストをぜひ送ってくださいね!

posted by 23:29comments(0)trackbacks(0)pookmark





携帯電話を変えました

Willcomの[es](PHS)を使い始めたのは昨年2月のことでしたが、今年の6月頃から少しずつ調子が悪くなり、9月に入ってついに画面が全く表示されなくなりました。

自分としては年末ぐらいまで何とか持ちこたえて欲しかったのですが、修理の見積もりをとってみると10000円近くかかることがわかり、継続を断念せざるを得ませんでした。

いずれ、iPhoneに替えるつもりでいたのですが、iPhone3Gの日本国内発売が思ったよりも早かったことと、パケット定額使用料が値下げになったことなどで、この機会に乗り換えることにしました。

iPhoneの日本での売上は現在20万台ほどで、伸び悩んでいるようですが、たしかにメールやカメラ機能など、日本の携帯電話に比較するとまだまだの所が多いです。

それでも、Macのパソコンを使っている私としては、さまざまなアプリケーションソフトとの連携がスムーズにいくので何よりも有り難く、その部分は[es]とは比較になりません。

ソフトのバージョンアップで、これから使いやすくなっていくことを期待しています。

新しい携帯電話の番号とメールアドレスはプロフィールのところをごらん下さい。

体調不良のため、携帯電話を変えたことも、まわりの皆さんにお知らせできずにいたのですが、この記事を読まれた方は、アドレス帳の更新をお願いいたします。


posted by 23:59comments(0)trackbacks(0)pookmark





ケータイがついに壊れました

携帯用電話として使っている私のPHS(Wiilcomの[es])ですが、ついに画面が表示されなくなりました。

7/30の記事に「6月にはWillcomのPHS[es]が壊れかけてきました」と書いたとおり、壊れるのは時間の問題かなと思っていましたが、やっぱりです。

来週の火曜日(9/9)までウィルコムのカウンターに持って行くことができないですし、ケータイメールは戴いてもお返事できないので(内容が画面で確認できない)それまで電源を落としておくことにしました。

PHSも画面が表示されない状態では、発信はなんとかできても受信ががうまく行かないので、お手数ですがPCメールもしくはmixiのメッセージにご連絡いただければ有り難いです。

それにしても、私の心身の状態とシンクロナイズしているかのように今週はものがよく壊れます。

月曜日にノートパソコンMacBook、火曜日にそれを何とか復元したと思ったら、自宅のプリンターが壊れたために借りていた妻の実家のインクジェットプリンターまでが壊れ、それをどうしようかと思っていたところに今度はこの有様です。

「泣きっ面に蜂」といいますが、よくもまあここまで立て続けに続くものです。

ここまでくると、逆に開き直って「行き着くところまで行ってやろうじゃないか!」という思いがわき起こってきました。

前にもこんな詞をご紹介したことがありましたね。

「どん底まで落ちたら、あとは浮上するだけだから、
何も心配することはないんだ」と。

posted by 17:02comments(0)trackbacks(0)pookmark





パソコンが無事元通りに

昨日の日記に書いたように、私がメインで使っているノートパソコンMacBookの特定のソフトで、突然キー入力に異常が発生し、パソコンでの作業ができなくなってしまいました。

ホームページを見るブラウザとか、テキストエディタなどの他のソフトは正常なのですが、WordとEntourageがダメなのです。でも、PowerPointは正常なのでMicrosoft Office系のソフトが全部がダメというわけでもないようなのです。

また、漢字入力のソフトATOKの異常も考えられるので、ATOKをOFFにしてことえりに切り替えてみたのですが全く変化はなく、ATOKではなさそうなのです。

同じような現象が他でも起きていないか、トラブルシュート情報をインターネットで検索したり、他のメンテナンスソフトを実行するなど、考えられる限りの手を尽くしたのですがお手上げでした。

次に同じ現象が起きたときのことを考えると若干不安は残るのですが、このトラブルの解決のためにこれ以上時間をかけるわけにはいかないので、諦めてバックアップデータからシステムを復元することにしました。

いま私が使っているMacBookにはLeopardというコードネームをもつMacOSXの10.5.4をインストールしているのですが、Leoperdには、TimeMacine(タイムマシン)というバックアップソフトが標準で搭載されています。

タイムマシンは、パソコンを外付けのハードディスクにつないでおくだけで、1時間毎に自動的にシステムやデータ全てをバックアップしてくれ、しかも、復元したいどの時点のシステムにも自由にセレクトして戻すことができる、というスグレモノです。

OnyXというメンテナンスソフトで、システムやアプリケーションのキャッシュやログファイルを消去してからおかしくなったということは昨日書いたとおりですが、そのメンテナンスをかける前の時点では、間違いなくWordもメールソフトEntourageも普通に使えていたので、その時点のシステムに戻すことにしました。

システムのインストール用DVDをディスクドライブに入れ、システム復元のユーティリティを起動すると、外付けハードディスクにバックアップされたデータのうち復元可能なシステムの一覧が出て来るので、その中から選ぶだけという簡便さなのですが、こうした作業は一つ間違えばシステムが回復不能な状況に陥ってしまうので、集中して慎重にすすめないといけません。

2時間弱かかってバックアップは完了し、トラブルが起きる前の状態に何とか戻すことができたのですが、とくに調子が良くないときのこういう作業は脳に大きな負担をかけるようで、へとへとに疲れました。


よりによってこういう時に・・・でも、修理に出さないといけないハメになってしまうとか、致命的なトラブルというか、大事に至らなかったのは、不幸中の幸いと思わなければいけませんね。

バックアップをこまめにとっておいてつくづく良かったと思いました。


それにしても、そもそもこうした事態にならないように、OnyXをつかって定期的にシステムのメンテナンスをしているのですが、思い返すと使う前にOnyXのバージョンアップをしてその直後に作業をしたので、もしかすると更新されたOnyXにバグがあるのかもしれません。

今回の経験で、メンテナンスソフトも使い方によっては逆効果になったり、トラブルにつながったりすることがあるということ、とくにフリーウェアのバージョンアップは慎重にした方が良いということがわかり、肝に銘じておこうと思います。

posted by 21:14comments(0)trackbacks(0)pookmark





ノートパソコンが不調

7/30の記事で[es](ケータイ)、iPod、FAXが不調だと書きましたが、今度はメインで使っているノートパソコンMacBookがおかしくなりました。

WordやEXCEL、メールソフトのEntourageのキー入力ができなくなり、ショートカットキーも使えません。

メールの返事を書いたり、文書を作ったりする基本的なことができず困りました。

いろいろ原因を探したのですが、思い当たるのは、メンテナンスソフトのOnyXを使ってキャッシュやログファイルを消去したことぐらいです。

今まで一度もこんなことはなかったのですが・・・

6時間ほど格闘したのですがダメでした。とほほ・・


posted by 23:55comments(0)trackbacks(0)pookmark





アップル社のiPhone3G本日発売!

アップル社のスマートフォンiPhone3Gが本日発売されました。

初代のiPhoneがアメリカで発売されたのは昨年の今頃で、ケータイの通信システムが違う日本で発売されるのは、2年ぐらい先ではないかという予想が当時は飛び交っていましたから、思ったより早かったという印象が強いです。

mixiのニュースによると、朝7時より先行販売を開始したソフトバンク表参道店では、1000人以上の行列ができるなど、出だしは好調のようです。

大前研一氏は、昨日届いたagoriaのメールニュースで「日本においてiPhoneはそれほど伸びないだろう」との予測を書いていました。

その理由は、

・メールを始めとした日本独自のケータイの使われ方をみると、タッチパネルの操作は受け入れられにくい
・世界的売上が600万台程度と、当初の予測に比べ伸び悩んでいる

ということのようですが、果たして・・・皆さんはどう思われますか?


posted by 23:58comments(0)trackbacks(0)pookmark





星野佳路 × MacBook Air

いま発売中の月刊雑誌“Mac People8月号(写真1)”に、星野リゾートの社長、星野佳路さんへのインタビュー記事が出ていました。

星野佳路さんは、NHK総合テレビ「プロフェッショナル・仕事の流儀」の第1回に登場した方で(写真2)、非常に好評を博し何度も再放送されたので、ご存じの方も多いと思います。

不運にも見逃してしまったという方は、YouTubeで「星野佳路」と入れて検索してみて下さい。

あの番組をご覧になった方は、なぜ私が星野さんのことを書いているのかすぐにお解り戴けるでしょうが、「ファシリテーション」の大事さにいち早く着目し、それを自社の経営や経営が傾いたテーマパーク、温泉旅館の再建など、企業ビジネスの世界に最大限に活用し実践されている方だと思っているからです。

「我が社には社長室というのがないんです」と語り、休んでいる従業員の机にノートパソコンを持ち込んで仕事をしている星野さんの映像は、とってもインパクトがありましたね。

そのノートパソコンが、12インチPowerBookG4だったので、マックユーザーだということは存じ上げていたのですが、今回のインタビュー記事を読んで、尊敬する星野さんがマック歴24年という半端なマックユーザーではないことがわかり、嬉しくなってしまいました。

MacPeopleの記事の中でとくに印象に残ったフレーズは、次の部分です。

(MacBook Airには)有線LANがついていないけれど、アダプターを買うとか迎合しちゃいけない。使い方は、それに合わせて割り切らないと。新しいものにはバグがあったり、不便さがあったり、問題があるのは当たり前なんです。最初に使って、バグを経験できることが大事。
(・・・・中略・・・・)
 新しい発想に基づいて商品が出て来て、それがパソコンライフを変えようとしているんだから、バグなんか責めちゃいけない。新しい試みを一緒に育てていく考えじゃないとね


・新しいものには不便さや問題があるのは当たり前!
・新しい試みを一緒に育てていこう!

まったくもって脱帽です!

2年前の記事ですが、アップルのホームページにも、星野さんへのインタビュー記事がでていましたので、よろしかったらご覧下さい。

posted by 23:54comments(0)trackbacks(0)pookmark