往来物手習い

むかし寺子屋では師匠が書簡などを元に往来物とよばれる教科書をつくっていました。
寺子屋塾&プロジェクト・井上淳之典の日常と学びのプロセスを坦々と綴ります。


<< 村瀬学『次の時代のための吉本隆明の読み方』より | main | 天才=自分はバカだと自覚する人 >>



人目を気にしすぎる人は・・・

人目を気にしすぎる人の

全部が全部そうだというわけではないんですが、

実のところ、見ているようでいて

自分のこともまわりのことも、

よく見えていないところがあるんじゃないでしょうか・・・

という意味の詞をfacebookに投稿したので、

その記事をそのまま貼り付けてみます。
 

 

 

 

 

 

人間の基本的な心の性質としては、

まわりと関わりを持ちたいところがあるようで、

気になりながらも、その実、もっと自分のことを見て欲しい

人からの注目を集めたい、という気持ちが潜在的にあって、

その裏返しだったりするのかもしれませんね。

posted by Akinosuke Inoue 20:00comments(0)trackbacks(0)pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ouraimono.terakoyapro.net/trackback/1400324