往来物手習い

むかし寺子屋では師匠が書簡などを元に往来物とよばれる教科書をつくっていました。
寺子屋塾&プロジェクト・井上淳之典の日常と学びのプロセスを坦々と綴ります。


<< 柄谷行人『マルクスその可能性の中心』序章(その2) | main | VOP予告編ゾ絮撚顱〇臆辰気譴審Г気鵑隆響枴現 >>



中村教室にスクリーンを取り付けました

2017-07-29 23.41.35.jpg


中村教室に天井から吊り下げ方式のスクリーンを取り付けました。


7/30に行ったべてるの家のドキュメンタリー映画「ベリーオーディナリーピープル」予告編ゥ咼妊上映会で初めてお披露目し、好評をいただきました。

 


こうしたスクリーンもいろいろ種類がありますし、ホームシアター専用のものを購入すると最低でも1万円以上します。


もちろん高価な製品はそれなりにメリットはあるんですが、でも、もうすこし安くできないかとネットでいろいろ検索してアイデアを仕入れ、ニトリで手にいれた遮光用ロールスクリーン(幅130×高さ220)の白い裏地を使ったところ、なんと5,000円でおつりが来ました。(^^)v


実はプロジェクターも最近、SONYのLXPS-P1という最新式のを購入したので、それも7/30お披露目する予定でいて、4時間ぐらい格闘したんですが、パソコンの映像を映し出すことがどうしてもできず、そちらのほうは断念しました。

次回のビデオ上映会は、10/7に予定しているので、その時までにはちゃんと使えるように調整しておきたいとおもいます。
posted by Akinosuke Inoue 23:52comments(0)trackbacks(0)pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ouraimono.terakoyapro.net/trackback/1400423