往来物手習い

むかし寺子屋では師匠が書簡などを元に往来物とよばれる教科書をつくっていました。
寺子屋塾&プロジェクト・井上淳之典の日常と学びのプロセスを坦々と綴ります。


<< むかし書いたコラム記事から(その22) | main | むかし書いたコラム記事から(その24) >>



むかし書いたコラム記事から(その23)

第23回 「情報化社会の扉は“書くこと”から開かれる」
先週は勝手にお休みしてしまって申し訳けありません。ぴけのコラムニストも増えて、コラムばかりだと読む皆さんの方も大変でしょうから、これからはつぶやきの詞と交互で書いてみようかなと思っています。
それにしても、書く人が増えるというのはいいことですね。
なぜかというと、私は小説家とか新聞記者とか大学教授とか、“書く”ことを仕事としている人だけでなく、家庭の主婦やトラックの運転手など、今まであまり書かなかった人や、書くことについては素人と言われてきた人が、日常的に書いてどんどん情報発信をしていくことが、とても大事なことだと思っているからです。
パソコンが普及するだけでなく、インターネットによって世界中のコンピュータがつながったことで、世界中の人々を相手にメールマガジンを発行したり、メーリングリストを立ち上げるというようなことが、誰でもできるようになってしまったのですが、実はこれはものすごく革命的なことなのです。
たとえば、先生よりも学生の方が多くの情報を持つことが可能になったわけですから、一方的に情報を伝えるだけの教育は、早晩意味を失うことになるでしょうし、そごうの倒産や愛知万博の会場問題、雪印乳業の集団食中毒など、昨今の一連の事件には眼には見えない共通項があり、今までのピラミッド社会の枠組みが崩れて新しく変わっていくプロセスととらえると、時代の底流が見えると思います。
しかし、私たちはまだ“情報化社会”のほんの入り口に立ったところです。
ぜなら、多くの人は、自分自身が情報を生みだす主体だという自覚がなく、価値ある情報は自分とは別の所にあるとどこかで思いこんでいて、情報を生産する技術が確立されていないからです。

牛飼いが 歌よむときに 世の中の 新しき歌 大いに起こる

これは、「野菊の墓」で知られる伊藤左千夫の詠んだ短歌ですが、彼が東京の本所で乳搾りをしながら牛乳配達をしていたことを知る人は少ないかもしれません。
その牛乳が雪印だったかどうかは知りませんが、「牛飼い労働者の私までが歌を詠むようになったとき、短歌の中身も変わっていくだろう」という意気込みが込められていて、私の好きな歌の一つです。
北勢線廃止の話も世界から押し寄せるグロバリゼーションの波と無関係でなく、私たち一人ひとりが自分の言葉をもつことは、今のこの時代を生き延びるための知恵として必要です。
情報化社会の主役は私たち一人ひとりであり、その扉は、一人ひとりが自分の言葉で書いて発信することから開かれるのです。(2000.6.23)
posted by Akinosuke Inoue 21:16comments(0)trackbacks(0)pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ouraimono.terakoyapro.net/trackback/1400447