往来物手習い

むかし寺子屋では師匠が書簡などを元に往来物とよばれる教科書をつくっていました。
寺子屋塾&プロジェクト・井上淳之典の日常と学びのプロセスを坦々と綴ります。


<< むかし書いたコラム記事から(その32) | main | 治さない医療とは? >>



おもい通りに行かないから面白い

体験するためにこの世に生まれてきたのなら

自分のおもい通りに行かないからこそ、
生きていて面白いのだ。


もし、すべてのことが予定通り
おもい通りに運ぶのならば、
生きてみるだけの価値などない。(2000.6.11)
            

posted by Akinosuke Inoue 23:10comments(0)trackbacks(0)pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://ouraimono.terakoyapro.net/trackback/1400457